ルイボスティー茶の効果・効能まとめサイ

オススメのルイボスティーはこちら!

*

ルイボスティーは女性必見!美容効果満載の健康茶

もしかしたらルイボスティーというお茶の名前を聞いたことがあるという方が多いかもしれませんね。ルイボスティーの名を有名にしたのは、その女性に嬉しい美容効果や健康効果のため。女性特有の悩みを解決するだけではなく、男性にとっても嬉しい効果満載のルイボスティーは誰もが飲むべき上質なお茶。今回はルイボスティーに含まれる効果・効能から美味しい飲み方まで紹介し。

ルイボスティーの効果・効能

ルイボスティーは飲むだけで様々な体の悩みを解決してくれる魔法のようなお茶。今回はルイボスティーを絶対に飲みたくなるような効果・効能を紹介し。

【効能1】若々しく美しい肌へ

ルイボスティーの最大の魅力はSODと呼ばれる成分。SODは抗酸化成分の一種で、紫外線やストレスの影響で体内に作られる活性酸素を除去する働きが!活性酸素は老化の原因ともいわれる美容の大敵。ルイボスティーを定期的に飲むことによって若々しい肌を保つことができる。

また豊富なミネラル、ビタミンが含まれているルイボスティーは美肌には欠かせない飲み物。

【効能2】デトックス効果

ルイボスティーには利尿作用があるだけではなく、ミネラルや亜鉛の働きによってリンパや血液の流れが良くなる。そのため体内にの老廃物が体外に積極的に排出されるデトックス効果でむくみや冷えの改善が期待できる。

【効能3】ダイエット効果

ルイボスティーはダイエットドリンクの中でもトップクラスのダイエット効果を誇る健康茶なの。ルイボスティーに含まれるミネラルなどの成分は基礎代謝を促進し、血の流れを良くする。さらに腸内環境も整うので自然と痩せる体に。ルイボスティーを飲むだけでも効果はありますが、運動や食事制限と共に行うと効果は倍増。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんな嬉しい効果効能がいっぱいのルイボスティー

オススメのルイボスティーはこちら

 

ただいま紹介したすぎな茶の効果はほんの一部。実際にはまだまだ体にいい効果がたくさん!もう少し紹介いたしますね。

 

【効能4】輝く美しい髪へ

ルイボスティーの抗酸化作用は肌だけではなく髪にも効果がある。さらにルイボスティーは紫外線を浴びた時のダメージを減少させてくれると考えられている。紫外線を浴びた時にはルイボスティーを飲むのがいい。

【効能5】快適な睡眠へ

ルイボスティーには安眠効果がある。基礎体温をあげる働きとお茶が持つリラックス成分で快適な睡眠を送ることができる。さらにルイボスティーはノンカフェインなので就寝前に飲んでも安心。

【効能6】生理痛緩和

女性にとって辛いのは重い生理痛ですよね。いつまでも続く痛み。そんな辛い生理痛を緩和する働きがルイボスティーにはある。秘密はSOD。SODには生理の時に起きる辛い痛みを引き起こす物質を活性酸素を除去する働きがあるの。

また体の冷えが生理痛を起こす原因。しかし前述したように冷えを解消する効果のあるルイボスティーを飲めば、この原因も解消される。

【効能7】体臭の改善

気になる体臭の原因は活性酸素にある。でもルイボスティーには活性酸素を減らす働きがあるから、気になる体臭も解消することが期待できる。

その他にもルイボスティーには便秘改善、生活習慣病予防、花粉症予防など絶対に飲みたくなるような効果がたくさんある。飲むだけで体内からきれいになれるのは魅力的。

ルイボスティーの豆知識

ルイボスティーとは?

ルイボスティーとは、ルイボスという南アフリカだけで採取することができる植物を乾燥させて茶葉として使用したもののことを言う。乾燥させたルイボスの葉はお茶として使われるだけではなくリキュールとしても使われる。ルイボスが持つ効果・効能は昔から注目されており、南アフリカの先住民はルイボスを薬草として使用していました。

ルイボスティーのおすすめの淹れ方

ルイボスティーの美味しい淹れ方はやかんに約1リットルのお水を入れて、沸騰したら約3グラムのルイボス茶葉を入れる。その後はとろ火にして10~15分程度煮詰める。これで1リットル分のルイボスティーができる。

急須やポットで作る場合は3~4分間蒸らすのがおいしいルイボスティーを作る方法。

ルイボスティーには副作用があるの?

ルイボスティーには特に目立つ副作用はありません。またカフェインは含まれていないので就寝前に飲んでも構いません。さらに妊婦さんや授乳中の方、子供も老人も安心して飲むことができる。

特に赤ちゃんを母乳で育てている方にはおすすめ。母乳を与えているとどうしても母親に対する栄養がなくなってしまいる。しかしルイボスティーにはミネラル豊富なので母親の栄養補給にも、赤ちゃんのための栄養ある母乳づくりにもおすすめ。

ルイボスティーのおすすめの飲み方は?

ルイボスティーは健康茶は苦いというイメージを覆すように、ほのかに甘みを感じる美味しいお茶。色も赤く紅茶のよう。そんなルイボスティーはそのまま飲むのが人気でおすすめ。

しかし長期間飲み続けていると、味にも飽きてきてマンネリ化してきますよね。そんな時は砂糖を入れて甘めにしてみたり、ミルクを入れてミルクティーにしたり、もしくはレモンを入れてレモンティーとして飲んでみてください。

ルイボスティーを飲むときに大切なことは短期間で大量のルイボスティーを飲むのではなく、毎日少量でもいいので長期的な目を持ってルイボスティーを飲むことが大切。ルイボスティーに限らず健康茶は短期で効果は出ません。

ルイボスティーの飲むタイミングは?

お茶は元々楽しむためにあるもので、薬のように決まった時間に摂取しなければいけないということはありません。自分が飲みたいときに飲むのが一番。

またルイボスティーの持つある効果に重点を置く飲み方もいいですね。例えばストレスや疲労がたまった時には就寝前に砂糖を入れたルイボスティーやミルクティーを飲むと癒しの時間になってリフレッシュしますよね。

ダイエット目的で飲むのなら、間食しそうな時に飲んだり、食事の前後30分以内に飲んだりするのも効果的ですよね。

他にもルイボスティーの持つ豊富なミネラルに注目すれば、夏の水分補給には最適ですよね。栄養成分がバランスよく含まれているルイボスティーを飲むことは熱中症予防だけではなく、夏バテ予防にもる。

 

農林水産省のホームページでは食料、食生活等についてのご相談が可能

 

ルイボスティーまとめ

美容や健康に良いとして人気となっているルイボスティーですが、ルイボスとは?と思う方も多いと思う。 ルイボスとは、マメ亜科アスパラトゥス属の植物で、南アフリカ共和国の西ケープ州のケープタウンにあるセダルバーグ山脈にだけ生息する植物。針葉樹様の葉を持ち、落葉するときには葉は赤褐色になる。年間降雨量が少なく、朝晩の気温差が30度以上あり乾燥している過酷な環境のためルイボスは地下10mまで根を伸ばして土の中のミネラルや水分を取り入れる。 このためナトリウムやカリウム、カルシウムなどのミネラルが豊富。フラボノイドなどのポリフェノールも含まれて居るため様々な健康や美容効果を期待することができる。 具体的な効果効能としては、ポリフェノールによる抗酸化作用によって活性酸素の除去することでアンチエイジング効果によって肌のシミやたるみの予防や改善、がんなどの予防やミネラルによる夏場の熱中症や夏バテを予防する。ルイボスにはたんぱく質も含まれているためミネラルと合わせて肝臓機能を高める作用は二日酔いの防止、アレルギー症状の緩和などにも良いとされています。 腸内環境を正常化する作用もあることから、腸内の動きを活発化する効果があることから結果的に悪玉菌が排出されて毒素が排出されるデトックス効果も求められています。

更新日:

Copyright© オススメのルイボスティーはこちら! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.